英語になった日本語ワード:TycoonとMagnateとMogulの共通点

前回の調べで、黒船で来航したペリー総督に対して、幕府は交渉相手の徳川将軍を「大君(タイクン)」と呼び、その絶大なる権限を示したことを知りました。

将軍は「Emperor天皇」は勿論のことですが、「King国王」とも名乗ることはできないため、日本の統治者であることを示すため、外交上、これ以後も「日本国大君」と名乗ることになりました。

この「taikun」という言葉が、今の英語で政財界の大物を指す単語の「tycoon」の語源だと分かってびっくりしました。さらに驚いたのは、それが非常に早い時期から米国で使われるようになったことです。

実は、アメリカで最初にタイクーンと呼ばれたのは、あのAbraham Lincoln大統領だったという逸話が残っています。1857年にペリーが帰国後、日本側の交渉相手が「日本国大君:Tycoon of Japan」だと知った大統領の側近たちが、冗談半分でリンカーンを米国の「Tycoon」と呼んだそうです。

また、tycoonと同意語の言葉、「magnate」と「mogul」とも大立者を指すのによく使われます。この二つの言葉の語源も大変興味深いものです。Magnateの語源はラテン語で偉人を意味するmagnusの複数形「magnates」であり、mogulの語源は封建時代のインドのMughal(ムガール)帝国のペルシャ語読み「Mongol」と言われています。Mughalの帝王達は、巨大な権力と巨万の富を保持し、かのTaj Mahalタージ・マハルを建設したのです。

絶大な力を持つ者を表すのに、遠い国や遠い昔の存在に思いを馳せ、想像力を膨らませるということは大いに納得できます。

日本語を語源とするこのtycoonという言葉については、特に注目するべき点があります。Tycoonという言葉は、「Ninja」等と違って、日本の文化的背景と全く無縁に、英語圏のボキャブラリーになじんでいった例なのです。

英語になった日本語ワード:TycoonはJapaneseだったのか!

より深く言葉を理解しようとその語源をたどって見ると、思いがけない発見があります。様々な英単語を調べているうち、ときどき語源がJapaneseと記されている言葉があって、びっくりすることがあります。

実際は「sushi」や「karaoke」のように、英語というより、日本語をローマ字化しているだけの単語がほとんどです。しかし、「tycoon」という言葉はまったく日本と無関係の意味を持つのに、語源が日本語だと知って驚きました。

タイクーンとは実業界や政界の大物、実力者、大立て者などの意味で、日常的に使われている言葉です。例えば、ひと昔ならば、航空業と映画のプロデュースで有名なHoward Hughes(1905–1976)や、最近ではマイクロソフト創立者のBill Gatesがアメリカを代表するタイクーンといえます。そこで、当然疑問に思うのは、tycoonの語源の日本語は何だろうということです。実は、黒船来航に深い関係があるのです。黒船が江戸に到着したとき、ペリー総督が日本のトップとしか開国の交渉をしないと言い出したのです。当然、天皇が交渉するのは筋違いでしたので、幕府は頭を抱えたそうです。しかし、将軍が交渉相手だと米国側に説明しても、米国側は将軍を軍部だけの頭で、国全体の統治者と理解しないのではと幕府は悩みました。そこで、幕府は「将軍」ではなく、「大君」の肩書を用いて交渉に当たったそうです。

アメリカ人が聞いた「大君:タイクンtaikun」という言葉の発音を、彼らが「タイクーンtaikuun」として覚えてしまったところまでは想像できます。しかし、なぜ綴りが「tycoon」になってしまったのかはさっぱり分かりません。語源が日本語であっても英語のspellは難しいと改めて実感しました。

 

 

13. 英語のspellと発音のあゆみ:PrintingとThe Great Vowel Shift

イングランド人が英語を国語と決める大きな原因となったフランス王国との百年戦争(1337-1453)が終結し、近代英語への大きな一歩が始まりました。

前回に引き続き、鍵となる出来事を紹介します。

5. 1476年にウィリアム・キャクストン (William Caxton)がドイツで発明された印刷技術をイギリスに紹介しました。そしてそのころ、多くの出版社が本社を置いたのがロンドンだったということで、印刷物の多くはロンドン方言で書かれるようになりました。6. 全イングランド内では様々な方言やチャンポン言葉が使われていたのに、spellingだけが印刷によって標準化されつつありました。

7. この出版技術と綴りの標準化がダメ押しとなって、言語学上きわめて珍しい現象が1350-1700頃にかけて起こりました。この現象を「The Great Vowel Shift(大母音推移)」と呼ばれています。350年もの歳月をかけて起きた現象ですが、言語学者達に言わせると、「良くもこれだけの大変化がこの短い期間で起きた!」ということになるようです。

大母音推移のおかげで、「長母音」が「二重母音化」しました。より丁寧な解説やディープな説明はいくらでもウェブ上で見つかりますので、興味のある方は是非チェックして下さい。

ここではウィキペディアの分かり易い長母音の発音の変化の例を紹介して、少しはThe Great Vowel Shiftがもたらした変化を理解して頂ければと思います。

  • 長母音 [aː] は、二重母音→[eɪ] への変化。

(nameなど。「ナーメ」→「ネィム」)

  • 長母音 [εː] や [eː] は、長母音 [iː] への変化。

(feelなど。「フェール」→「フィール」)

  • 長母音 [iː] は、二重母音 [aɪ] への変化。

(timeなど。「ティーメ」→「タィム」)

  • 長母音 [ɔː] は、二重母音 [oʊ] への変化。

(homeなど。「ホーメ」→「ホゥム」)

  • 長母音 [oː] は、長母音 [uː] への変化。

(foolなど。「フォール」→「フール」)

  • 長母音 [uː] は、二重母音 [aʊ] への変化。

(nowなど。「ヌー」→「ナウ」)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%AF%8D%E9%9F%B3%E6%8E%A8%E7%A7%BBの抜粋)

今まで「英語のspellと発音のあゆみ」をテーマに勉強してきました。その結果現在、現代英語を学ぼうとしている我々を悩ます大きな要因となっているフランス語とラテン語の大量の語彙の流入と大母音推移による綴りと発音の遊離がどのようにして起きたのか、少しは分かるようになりました。

この後も英語の変化は続いていて、それをまさに我々が今も体験しているのです。アメリカ英語とイギリス英語の違いなど、引き続き「生き物」としての英語の変化をさらに探っていきたいと思います。

 

12. 英語のspellと発音のあゆみ:Englishを国語に決めた!

(中英語の代表作Geoffrey Chauser、ジェフリー・チョーサーの『The Canterbury Tales、カンタベリー物語』)

前回までで、中英語期(1066~1470頃)の初期のイングランドの言語は英語、仏語とラテン語が共存する状況だったことが分かりました。では、現在使われている統一の国語、つまり現代英語が成立するまでに、何が起きたのでしょうか?

英国の国語が現代英語に落ち着くまでの経緯は複雑で一言では説明できません。興味のある方には詳しく解説する難解な資料がウェブ上でも、また図書館でも沢山あるので参考にして下さい。ここでは、強引かも知れませんが、幾つか鍵となる出来事を頼りに、イングランドの500年の国語の変貌を理解しようと思います。

1. 1066年のノルマン・コンクエスト以後、ノルマンディー方言のフランス語(Old Norman)が徐々にイングランド人の生活に浸透し、Anglo-Normanと呼ばれる、「上品」なチャンポン言葉が生まれた。

2. フランスからの貴族階級の移住が盛んになり、Old Normanではなく、標準フランス語(パリで使われる言葉)がイングランドにおける仏語の主流となった。

(Magna Cartaに署名するKing John)

3. 第三代の国王ジョン(John, King of England、1167-1216、在位1199-1216)がフランス国王の身内の婚約者を略奪し、結婚してしまったことがきっかけで、フランス国王はフランスでジョン王が所有していた土地を一切取り上げてしまいました。また、ジョン王と共にイングランドに移住したフランス人貴族達の土地までも全て没収してしまったのです。

4. イングランド王国とフランス王国との決別が決定的になるのは、その後の116年間続く「百年戦争(1337-1453)」で、その結果イングランド人がイングリッシュを自国語として認識するようになった。

国語をフランス語ではなく、イングリッシュにしようと決めたと言っても、標準化された英語が確立されるまでの道のりは長かったということは容易に想像できます。

まだ各地方と各階層がばらばらに違う方言を使い、また仏語とラテン語と英語のチャンポンのような言葉が公式の場で採用されていました。この現状から統一した英語が生まれるまでにはさらなる出来事が待っています。

 

 

11. 英語のspellと発音のあゆみ:中英語期のMiddle EnglishとFrench

Middle Englishを日本語では「中英語」、また「中期英語」や「中世英語」と呼んでいます。そして、中英語の時代は1066年のノルマン・コンクエストから始まり、15世紀の後半まで続くと考えられています。ただし、ここで注意しなくてはならないことは、中英語期のイングランドでは英語のみが使用されていたわけではないことです。

まず、イングランド国王となったウィリアム1世、William I自身は英語を理解できませんでした。晩年勉強を試みたようですが、あまり成果はなかったようです。

William I コイン

国王はノルマンディー方言のフランス語(Old Norman)しか話さなかったのです。当然、彼の側近も兵士も新興貴族も英語ではなく、フランス語を使っていました。従って、行政、法政、軍政などイングランドの「政(まつりごと)」に関するコミュニケーションはフランス語で行われていました。エドワード王時代よりも、仏語が広く普及したのです。しかし、以前からこのイングランド地方に住んでいたイングランド人は引き続き英語を日常的に話していました。

William Iの領土(ピンク色)

その結果、支配層はフランス語を使い、配下の庶民は英語を使うという二重言語の構造になりました。また、中流階級や商人の中には英語とフランス語の両方を話す人もいました。さらに、学者や聖職者は伝統を守り、ラテン語で文章を読み書きしていました。この混沌とした言語環境が長く続いたおかげで、各言語グループが相互に影響を及ぼし合い、その結果、使われた語彙や表現方が多様化していったのです。

ボキャブラリーの増え方を見ても、同じようなことを表すのに、二通りの言い方が存在するようになりました。

現在でも使われているEnglish pairsと呼ばれる同意語/類似語の単語の組み合わせの例を「意味 = 英語 = 仏語やラテン語が語源の単語」の順で並べてみました。

森 = wood = forest,  家 = house = mansion,

価値 = worthy = valuable,  勇敢 = bold = courageous,

自由 = freedom = liberty

豚 = pig = pork, 鶏 = chicken = poultry,

子牛 = calf = veal,  牛 = cow = beef,

羊 = sheep = mutton

こういった現象のおかげで、受験用の英単語帳が随分分厚くなってしまったわけです。

 

 

10. 英語のspellと発音のあゆみ:Norman Conquestとは何でしょう?

古英語の時代が終わり、中英語の時代が始まった分岐点と言われる1066年に何が起こったのでしょうか。

イングランドのエドワード懺悔王(ざんげおう、Edward the Confessor、1003―1066)が子孫を残さないまま死んでしまいました。また後継者の指名が曖昧のままだったため、国王の席をめぐり、再び混乱が起きることとなりました。その結果、エドワードの従甥(じゅうせい=いとこの子)に当たるノルマンディー公爵ウィリアム(William II Duke of Normandy、1028-1087)が、自分のイングランド王位継承権を主張し、他の候補者との戦いに勝利し、1066年のクリスマス・デーにロンドンで戴冠します。彼はイングランド国王となり、自分をウィリアム1世、William Iと名乗り、征服王 (William the Conqueror)と呼ばれるようになりました。この出来事こそが、イングランドの歴史を大きく変える「ノルマン・コンクエスト(The Norman Conquest of England、ノルマン征服)」と呼ばれる政変でした。ノルマン・コンクエストにより、デンマーク寄りのデーンの政治や文化に代わって、フランス寄りの支配が始まりました。

この大変革には大きな特色があります。それはイングランドに住むアングロ・サクソン人、デーン人およびノルマン人が全てゲルマン民族の仲間だという事実です。政治的、文化的には色々な対立はあったものの、民族的な対立は無かったため、ノルマン・コンクエストは比較的速やかに進行したと言われています。ただし、言語については、ゲルマン系言語ではなくフランス語が大量に流入したため、語彙の「二重構造」が生まれ、それがいまだに我々を苦しめているのです。例えば、日本では畜産農家は「豚」を飼育し、そのおかげで、我々は「豚」の生姜焼きを食べることができます。しかし、イギリスでは農家は「pig」を育てますが、食卓にだされるのは「pork」chopsです。同じ動物なのに、育てるときと食する時とでは名前が変わってしまうのです。

英語はノルマン・コンクエストから400年以上を経て様々な変化を見せ現代英語となります。その過程で、現在英語を学ぶ私達にはどんどん面倒な要素が加わっていくのです。

9.英語のspellと発音のあゆみ:Old English時代のending

古英語の時代が終わり、中英語の時代が始まるのは1100年と多くの年表に記されています。しかし、一斉に変わったわけではなく、明確な境界線を探すのには無理があるようです。

ではなぜこの頃が境界線と言われるのでしょうか。そのわけをひも解くには、アルフレッド大王がイングランド領土とデーン領土の間に国境を設けた878年までさかのぼらなければなりません。教育を立て直すことに熱心だったアルフレッド大王は、国境が確立することによって、古英語を含む独自の文化の発展を押し進めました。その結果、古英語後期と呼ばれる時代が始まり、多くの古英語の文献が生まれました。一方、デーン勢は国境が確立された後も、勢力を伸ばし続けて、統治する領土を広げて行きました。1014年には、デーン人の影響力が圧倒的に大きくなり、とうとうデンマーク王がイングランド国王を兼ねるところまでになりました。この二国の王を兼務したクヌート大王は熱心なキリスト教徒だったこともあり、イングランド人とデーン人の融合が進むこととなりました。

その後、王座をめぐり複雑な力関係により混乱が続き、最終的にはノルマンディーの宮廷に亡命していたサクソン系のエドワードがイングランド国王となります。後にエドワード懺悔王(ざんげおう、Edward the Confessor)と呼ばれるようになります。エドワード王は幼いころに母と亡命し、修道士として育ちました。そのためか、自分の力ではなく、神に懺悔し、信仰によって国を守るというのが彼の信条だったようです。また、彼が子孫を残さなかったのも、この修道士としての姿勢を守った結果だったのではないかと言われています。軟弱と評されているこのエドワード王ですが、言語学的にはイングランドの言語に多大な影響を及ぼすこととなりました。エドワードは初めフランスのノルマンディー育ちで、宮廷ですごしていました。そこで国王となって先ずしたことは、側近に、親しいノルマンディーの廷臣、役人、会計係、軍人などを置いたことでした。その結果、イングランド王室内はまるでフランス語圏のように、仏語が飛び交っていました。

以上は1042年ころから始まった現象です。この続きが中英語突入の前夜となります。

 

 

8.英語のspellと発音のあゆみ: Beowulfと指輪物語

前回は古英語で書かれた叙事詩「ベオウルフ(Beowulf)」の朗読を聞き、少しOld Englishの特徴が分かってきました。この詩の作られた時期については、早くて8世紀、遅ければ11世紀の初期ではないかという幅広い時期が推定されています。

古英語の権威であり、「ベオウルフ」の現代英語訳を手掛けたオクスフォード大学教授J.R.Rトールキン(John Ronald Reuel Tolkien、1892年-1973年)は8世紀に書かれたと主張していて、その説は多くの賛同を得ています。その主張の大きな根拠は、Anglo-Saxon Paganism(アングロ・サクソンのペイガン主義=自然崇拝、多神教)が、叙事詩の中に色濃くあらわれることでした。約700年ころイングランドがキリスト教へ改宗しました。トールキンは時間が経つにつれ、改宗以前の伝統的な風習や習慣の影響が薄れるはずだと考え、その内容からキリスト教への改宗から間もない時期の執筆だと推測したのです。ここで、「トールキン」という名前、最近聞いたことがあるなと思った洋画ファンがいるかも知れません。実は、J.R.Rトールキンとはヒット映画シリーズ「指輪物語:The Lord of the Rings」とその序文的作品、「ホビットの冒険:The Hobbit or There and Back again」の原作者のことなのです。指輪物語のストーリーはベオウルフやその他の北ゲルマン系神話をベースにして書かれました。トールキンは専門分野だった古英語、古北欧語などの歴史的ヨーロッパ言語を参考にして登場するさまざまな「人種」の特有な言語を創造したのです。

指輪物語の完成には10年以上の歳月が必要でした。その長い期間、「ナルニア国物語」:The Chronicles of Narnia」の作者のC.Sルイス(Clive Staples Lewis,1898年-1963年)が常にトールキンを励ましつづけたという話は非常に興味深いと思います。そう言えばナルニア国物語」の映画化も評判になりましたね。

Map of Narnia

指輪物語の原作とのつながりを知り、私にはベオウルフと古英語が以前より身近に感じられるようになりました。皆様はいかがでしょうか。

 

7.英語のspellと発音のあゆみ: Beowulfの訳

前回は叙事詩「ベオウルフ(Beowulf)」の古英語の発音による朗読を聞いて見ましたが、不思議な響きでした。多くの人にはドイツ語に聞こえるようです。

この時代では、書き言葉の主な役割は「話し言葉」を記録することでした。そのため、話し言葉の発音をそのまま文字にしようとしました。回りくどい言い方をしていますが、字をそのまま声を出して読めば、それが話し言葉になるような綴りだったのです。現代英語のように、同じ音に対して、様々なスペルの可能性があり、また文字の発音のルールや例外が多いようなことは少なかったようです。今よりシンプルな規則に従って素直に書き言葉を発音していました。

下記に古英語のままのBeowulfの原文(A)、シェイマス・ヒーニー(Seamus Heaney, 1939-2013)の現代英語訳(B)および忍足欣四郎(おしたり きんしろう, 1932-2008)の日本語訳(C)を一部紹介します。より詳しい解説は「xapaga」のサイトで見ることができます。(https://sites.google.com/site/xapaga/home/beowulf)。

A1  Hwæt, wē Gār-Dena    in geār-dagum

B1  So.  The Spear-Danes in days gone by

C1  いざ聴き給え、そのかみの槍の誉れ高きデネ人(びと)の勲(いさおし)、民の王たる人々の武名は、

A2  þēodcyninga   þrym gefrūnon,

B2  And the kings who ruled them had courage and greatness.

C2  貴人(あてびと)らが天晴(あっぱ)れ勇武の振舞をなせし次第は、

A3  hū ðā æþelingas   ellen fremedon!

B3  We have heard of those princes’ heroic campaigns.

C3  語り継がれてわれらが耳に及ぶところとなった。

A4      Oft Scyld Scēfing   sceaþena þrēatum,

B4  There was Shield Sheafson, scourge of many tribes,

C4  シェーフの子シュルドは、初めに寄る辺(べ)なき身にて

A5  monegum mǣgþum   meodo-setla oftēah;

B5  A wrecker of mead-benches, rampaging among foes.

C5  見出されて後、しばしば敵の軍勢より、

A6  egsode Eorle,   syððan ǣrest wearð

B6  This terror of the hall-troops had come far.

C6  数多(あまた)の民より、蜜酒(みつざけ)の席を奪い取り、軍人(いくさびと)らの心胆を

A7  fēasceaft funden;   hē þæs frōfre gebād:

B7  A foundling to start with, he would flourish later on

C7  寒からしめた。彼はやがてかつての不幸への慰めを見出した。

A8  wēox under wolcnum,   weorðmyndum þāh,

B8  As his powers waxed and his worth was proved.

C8  すなわち、天(あま)が下に栄え、栄光に充ちて時めき、

A9  oð þæt him ǣghwylc   þāra ymbsittendra

B9  In the end each clan on the outlying coasts

C9  遂には四隣のなべての民が

A10  ofer hronrāde   hȳran scolde,

B10  Beyond the whale-road had to yield to him

C10  鯨(いさな)の泳ぐあたりを越えて彼に靡(なび)き、

A11  gomban gyldan:   þæt wæs gōd cyning!

B11  And begin to pay tribute.  That was one good king.

C11  貢(みつぎ)を献ずるに至ったのである。げに優れたる君王ではあった。

上記掲載の古英語の部分の朗読および解説は下記のサイトで見ることができます。https://youtu.be/sDXmxLDbp7c

 

6.英語のspellと発音のあゆみ:英雄Beowulfについて

878年以降、アルフレッド大王の下、古英語後期の時代となり、学問が復興し、今でも残っている古英語による書物が生まれました。残っていると言っても、印刷技術も複写機もないうえ、紙を永久に保存できる技術もない時代に書かれたものだったため、今あるものは膨大な書物を手写しで繰り返して伝え来られたものが多いのです。

叙事詩「ベオウルフ(Beowulf)」が言語学上、古英語を研究する上で貴重な文献とされています。この詩は古英語の最古の例とも言われていますが正確な作成時期は定かではありません。しかし、残された原稿は975年から1025年の間に作られたものと推定されています。

この叙事詩には正式な題名がないため、主人公の英雄の名前が通称となっています。詩の内容はベオウルフの武勇伝で時代は6世紀、舞台は北欧で、二部に分かれています。

第一部では、Danes(デナ現デンマーク)の王様を悩ます巨人グレンデル(Grendel)を退治するために、若きベオウルフがGeats(ギーツ現スウェーデン)からやってきます。ベオウルフは巨人の腕をもぎ取って戦いに勝ちますが、怒ったグレンデルの母親が、翌日、我が子の復習に王国にやって来て、家人を殺します。デナの王の要請で、ベオウルフは巨人が住む沼に行き、見事母親も退治します。英雄となった主人公はギーツに凱旋します。

第二部は約五十年後、Geatsの王となったベオウルフに再び戦う日が到来します。宝を奪われたことに怒ったドラゴンが民衆を襲いました。ベオウルフは部下を連れてドラゴンの棲家まで行き、果敢に戦いますが相討ちとなり、ベオウルフもドラゴンも倒れてしまうのです。叙事詩「ベオウルフ」の朗読を試みている研修者がいます。古英語がどのような響きか、聞いてみたいと思います。    https://youtu.be/_K13GJkGvDw